【専門家が解説】moomo(ムーモ)の成分や効果の特徴は?

2018年4月8日

ムーモはどういう仕組みで除毛と抑毛の両方ができるのか?なんで保湿ができるのか?お肌へのダメージってあるの?ということは気になりますよね?

今回はムーモの主成分について解説してみようと思います!

【公式】moomo(ムーモ)がお得に使える定期購入はこちらから!

高級シアバター

シアバターはアフリカのサバンナに生息するシアという植物の種子から取れる植物油脂。食用としても用いられる他、強烈な紫外線や乾燥から肌を守るクリームとしても使われるなど、アフリカの万能薬として有名です。

高い保湿効果があり、お肌の水分をしっかりキープしてくれるので肌の弾力やハリにも効果があります。そして抗酸化作用もあり、紫外線や炎症から肌を守る効果も期待できます。

ラベンダーエキス

ラベンダーの香りにはアロマでもよく利用されるように、不安を和ませる効果があります。イライラを鎮めたり、ストレスなどによる緊張も落ち着かせる精神安定効果によって、高血圧や偏頭痛の改善にも繋がることもある。

殺菌・抗菌作用もあるので肌の炎症を抑えるなどスキンケア効果もあります。

ダイズ(大豆)エキス

大豆の種子から抽出されるダイズエキス。主成分のイソフラボン・サポニン・たんぱく質は保湿や抗炎症など美肌作用が高くよく美容品に用いられている成分皮脂分泌の改善や紫外線防止・美白効果など、肌改善効果もあります。

女性ホルモンとよく似た作用もあるイソフラボンにはムダ毛の抑毛作用も期待できます。手足は男性ホルモンが増加すると増える、頭髪は女性ホルモンが増加すると増える。要するに、ムダ毛のみを抑えることができるということなんです。

チオグリコール酸カルシウム

ケラチンタンパク質という毛髪の構成成分を変性させることでムダ毛を溶かして処理する効果があります。クリームをしっかり塗り込むことで、毛穴から中までチオグリコール酸カルシウムが入り込み根元から除毛できるので、肌表面に黒いポツポツが残らずツルツルに処理できる効果があります。

ただ、チオグリコール酸カルシウムは肌への多少のダメージもあります。ムーモは保湿ケア効果が高いと言っても、必要以上に長時間放置したり、顔など皮膚の薄い場所に使用すると赤くなったり肌荒れする可能性もあるので注意です。

 

【公式】moomo(ムーモ)がお得に使える定期購入はこちらから!